ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

建設工事及び建設関連業務の総合評価落札方式

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月15日更新

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた措置について

   新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた建設工事及び建設関連業務の一時中止措置等について,次のとおり取扱こととしました。
   新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた対応について [PDFファイル/44KB]

 

建設工事総合評価落札方式について

   [令和3年10月1日からの入札公告に適用] 

  価格以外の評価項目の一部を改正しました。
   ○ISO9001・14001・みちのく環境管理規格(みちのくEMS)
   ○建設業退職金共済制度導入
   ○退職一時金制度・企業年金制度
   ○障害者雇用状況
   ○女性のチカラを活かす企業の認証
  公告日における関係資料の取得状況で評価の対象とすることができる改正を行いました。

 

       <評価項目の生産性向上について>
       
評価項目の生産性向上「ICT施工・3次元化等の活用提案」を申告する場合は,下記の様式を使用してください。
     ICT施工・3次元化等の活用提案 工事計画書(別記様式-1)(土木工事標準積算基準等を適用した工事) [Excelファイル/27KB]                                                                  ICT施工・3次元化等の活用提案 工事計画書(別記様式-1)(農業農村整備事業等標準積算基準等を適用した工事) [Excelファイル/24KB]

      [実施要領等]

     

建設関連業務総合評価落札方式について

   [令和3年10月1日からの入札公告に適用]

  建設工事の改正に伴い価格以外の評価項目の一部について字句訂正を行いました。

  

   [技術者評価の運用について]

   技術者評価の専任性の評価基準(手引きP37)について,次のとおり取り扱うこととしましたのでお知らせします。
   1  運用の内容
        随意契約により 契約した業務については,管理技術者としての手持ち業務件数に含まないこととする。
      2  適用期間
       令和3年4月1日から令和4年3月31日まで

  [実施要領等]

    


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)