トップページ > まちづくり・地域振興 > 河川・ダム・海岸 > 県内の河川情報 > 大倉ダムのネーミングライツ契約を更新しました

掲載日:2021年3月17日

ここから本文です。

大倉ダムのネーミングライツ契約を更新しました

1.概要

県では、県有財産の有効活用により歳入確保を図り、ダムの環境維持に係る費用の一部に充当するため、平成23年2月から全国初となるダムのネーミングライツ(ダムに愛称を命名する権利)制度を導入し、スポンサー企業を募集しています。

このたび、スポンサー企業が決定している大倉ダムのネーミングライツ契約の期間が令和3年3月31日に満了することから、スポンサー企業と契約更新について協議を行ったところ、協議が整い、宮城県広告審査委員会の審査を経て令和3年2月5日付けで契約を更新しました。

大倉ダムへの愛称の表示

仙台環境開発大倉ダム ダム展望台看板 ダム堤体看板

2.スポンサー企業

  • (1)企業名:仙台環境開発株式会社
  • (2)所在地:仙台市青葉区二日町2-27
  • (3)業務内容:産業廃棄物、一般廃棄物の収集運搬、並びに中間処理場、最終処分場の運営、管理など

3.更新内容

  • (1)ネーミングライツ導入期間:令和3年4月1日から令和6年3月31日まで(3年間)
  • (2)ネーミングライツ料:年間150万円(消費税等別)
  • (3)ダムの愛称:仙台環境開発大倉ダム(略称:仙台環境大倉ダム)

4.その他

お問い合わせ先

河川課水政班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-3172

ファックス番号:022-211-3197

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は