掲載日:2022年4月13日

ここから本文です。

「みやぎ環境税」を活用した令和2年度事業実績

みやぎの豊かな環境を守り,さまざまな環境課題に対して取組む財源として,県では平成23年4月から「みやぎ環境税」を導入しています。このたび,令和2年度事業の実績がまとまりましたので,その内容についてお知らせします

【事業成果(CO2削減効果)】

令和2年度事業では,家庭用の太陽光発電システムやエネファーム(燃料電池)の導入,既存住宅の断熱改修,事業者用の新エネルギー設備(太陽光発電・風力発電・バイオマス発電など)の導入等を支援することにより,省エネ効果として27,516t-CO2の二酸化炭素の排出抑制となりました。平成28年度から令和2年度までの累計削減見込量は318,549t-CO2となり,平成28~令和2年度の5年間の削減見込量364,000t-CO2に対しては約88%の進捗となりました。

環境創造基金の状況

「みやぎ環境税」は課税目的に沿った事業のみに充当され,その使途を明確にするため,税収等は「環境創造基金」に積み立てて管理されています。

令和2年度は,税収と資金運用などで約17億4,874万円の収入がありました。一方で,事業の実施に約17億1,686万円を支出しました。(繰越事業の実施に伴う支出を含む。)

この結果,令和2年度末の基金残高は,前年度末の8億6,003万円から3,194万円増加し,8億9,191万円となりました。基金の残高は,令和3年度以降の事業に引き続き活用していきます。

お問い合わせ先

環境政策課温暖化対策班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号13階北側

電話番号:022-211-2661

ファックス番号:022-211-2669

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は