ここから本文です。

化学物質の環境リスクについて

環境リスクについて

空気や河川・海などの環境中に出された化学物質が、人や動植物に悪い影響を及ぼす可能性のことを、化学物質の「環境リスク」と呼んでいます。その大きさは、有害性の程度とその化学物質にどれくらいさらされているか(暴露量)によって決まります。

  • 化学物質の環境リスク=有害性×暴露量

私たちはよく「安全な化学物質」「有害な化学物質」といった言い方をしますが、化学物質を安全なものと有害なものとに分けることはできません。有害性が極めて高い物質でも、取扱いや管理が十分適切に行われていれば、日常生活の中で「危険」を生じることはありません。逆に、有害性が小さな物質でも一時的に大量に暴露したり、あるいは長期間に渡って少しずつ暴露したりすれば悪影響が生じるおそれもあります。

化学物質とうまく付き合うには、身の回りの化学物質の環境リスクを正しく理解することが大事です。

お問い合わせ先

環境対策課環境影響評価班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号13階南側

電話番号:022-211-2667

ファックス番号:022-211-2696

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は