ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ震災復興・伝承契約内容の変更・途中退去の手続きについて

契約内容の変更・途中退去の手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新

各種手続きに係る様式

【注意事項】

  • 届出者本人が記入,押印してください。
  • 届出者の連絡先は平日の日中に連絡が取れるものを記入してください。手続きを行うにあたり,届出内容について確認が必要な場合,県の担当者から電話連絡をすることがあります。
  • ご提出いただいた届出書は,定期建物賃貸借契約書とともに県が保管します。手続きが終了しても原本はお返しできませんのでご了承願います。
  • 県で届出書を受付後,速やかに事務処理を行いますが,手続きの完了まで1か月程度の時間を要することがありますのでご了承願います。

貸主・管理者の情報に変更がある場合

情報の変更理由が「貸主死亡による相続」の場合は,別途必要書類の提出を依頼することがありますので,県までご連絡ください。

会社名・代表者名・連絡先・振込先の変更

振込先のみの変更

入居者の情報に変更がある場合

途中退去する場合

賃貸型応急住宅を供与(契約)期間の途中で解約(退去)する場合や個人契約に切り替える場合は,解約申出書の提出が必要です。

※市町村の担当課窓口でも入手できます。

定期建物賃貸借契約書に基づき,提出期限は解約しようとする月の前月1日までです。

(例:解約予定日が3月31日の場合,2月1日までの提出)

解約申出書の提出やお問い合わせは,被災時にお住まいの市町村担当課へお願いします。

また,退去時のトラブルを避けるために,必ず事前に貸主又は管理者に解約の意思表示を行い,退去時の立会いを受けるようにしてください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)