ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす県政・地域情報県政情報・財政広報・広聴死亡野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルス検査陽性事例(野鳥国内49例目)に係る野鳥監視重点区域の解除について(自然保護課)

死亡野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルス検査陽性事例(野鳥国内49例目)に係る野鳥監視重点区域の解除について(自然保護課)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年3月8日更新
担当課
記者発表資料

記者発表資料
令和3年3月8日
宮城県環境生活部自然保護課
 野生生物保護班 211-2673
 担当:仁木・伊藤

 

死亡野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルス検査陽性事例(野鳥国内49例目)に係る野鳥監視重点区域の解除について

 

 仙台市の死亡野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出(野鳥国内49例目)を受け,令和3年2月10日(水曜日)に野鳥監視重点区域が指定され,野鳥監視の強化をしてきたところですが,その後,当該区域内で野鳥の大量死等の異常は確認されなかったため,令和3年3月7日(日曜日)24時に当該区域が解除されましたのでお知らせします。

1 経緯

 令和3年2月 5日(金曜日)・県が仙台市でオオハクチョウ1羽の死亡個体を回収,簡易検査を実施した結果,陰性
             2月10日(水曜日)・国立環境研究所で遺伝子検査を実施した結果,死亡個体からA型鳥インフルエンザウイルス遺伝子の陽性反応
               ・環境省が回収地点の周辺10km圏内を野鳥監視重点区域に指定し,県が野鳥の監視を強化
             2月17日(水曜日)・北海道大学が確定検査を実施した結果,高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)が検出
             2月18日(木曜日)・県が野鳥監視重点区域内で野鳥緊急調査を実施
               ~19日(金曜日)
              3月 7日(日曜日)・野鳥において異常が確認されなかったことから,環境省が当該野鳥監視重点区域を解除※
       24時

 ※「野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルスに係る対応技術マニュアル」(環境省)に基づき,野鳥監視重点区域は,以下を1日目として
  30日目の24時に解除されることとなっています。
   - 野鳥及び飼養鳥の場合は,回収日の次の日を1日目とする

2 今後の対応

野鳥サーベイランスにおける全国の対応レベルは,引き続き最高レベルとなる「対応レベル3」のため,県内の野鳥の監視強化を継続します。

3 留意事項

(1)県民の皆様には,【環境省】野鳥との接し方 [PDFファイル/66KB]に十分留意されるようお願いします。
(2)死亡した野鳥を見つけた場合には,県環境生活部自然保護課または発見場所を管轄する地方振興事務所(地域事務所)林業振興部までご連絡ください。
  【参考URL】https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sizenhogo/toriinfurumadoguchi.html

【参考情報】
 環境省はホームページで高病原性鳥インフルエンザに関する様々な情報を提供しています。
   http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/bird_flu/index.html


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)